加圧ブラトップ 伸びる

加圧ブラトップが伸びるのを防ぐには

 

加圧ブラトップ,伸びる

 

加圧ブラトップが伸びるのを防ぐには、あまりきつく使用しすぎないようにしましょう。

 

加圧ブラトップにも伸びる範囲というものがあって、それを超えて力が加わると元に戻らなくなります。

 

全ての物質には力を加えても元に戻る弾性の性質があるのですが、これはある限界値があってそれを超えて力がかかると塑性変形といって元の状態には戻れなくなるという性質があります。

 

ですから、過剰に力が加われば塑性変形を起こして元に戻らなくなってしまうというわけです。

 

また、繰り返し荷重も伸びてしまう原因となりますから、意味なく頻繁に何度も力を加えるという事はしないようにしましょう。

 

よくTシャツの襟がダルダルになっている人を見かけますが、これは洗濯などで何度も繰り返しで荷重がかかってしまってそれによって塑性変形を起こしたからだと考えられます。

 

何度も使えばある程度は伸びてしまうのはしょうがないという事はありますが、必要以上に強い力が何度も加わるような事は避けるようにします。

 

加圧ブラトップはその締め付け具合が気になるので、それを気にして何度も触って力を加えてしまう事がありますが、この行為をしていると伸びてしまう事が良くあるという事です。

加圧ブラトップを着てめまいがする原因

 

加圧ブラトップ,伸びる

 

加圧ブラトップを着てめまいがするようなことがありますが、これは血行が悪くなってしまって血液が脳に行かなくなってしまったことによると考えられます。

 

血管を圧迫するぐらいの力がかかってしまうと血液はいとも簡単に循環しなくなるという事を知っておきましょう。

 

締め付けが感じるぐらいの力で血行は悪くなるものです。

 

良くある血行不良の例としては、正座をしているとしびれて足が動かなくなるという事がありますが、これは正座によって足の末端に血液が行かなくなったことによるものです。

 

これと同じような事が加圧ブラトップによって起きているというわけです。

 

正座の場合は足に荷重がかかって足の血行が悪くなるので足にしびれを感じる程度ですが、加圧ブラトップの場合は全身を巡る血液を遮ってしまうので、頭の方に行く血行不良が起きたときにはめまいという形でその症状が出てくることになるというわけです。

 

そのような時には直ちに着用をやめて血行を良くするようにしましょう。

 

血液循環は少しでも滞ると体に様々な悪影響が出るといってもいいはずです。

 

体の全ての細胞に栄養と酸素を届けているのが血液ですから、これが滞る程に加圧するという事になっているのであれば、使用方法を検討した方が良いかもしれません。

加圧ブラトップはゆるいと効果がない?

 

加圧ブラトップ,伸びる

 

加圧ブラトップはゆるいと効果がないかというと、全く意味がないという事も無いでしょうが、程度問題という事が言えるかもしれません。

 

ゆるゆるで加圧どころかたるんでいるというのであれば、これはそもそも加圧ブラトップとはいわないものとなっているといえるでしょう。

 

当然加圧による効果は期待することは出来ません。

 

また、加圧しすぎると今度は血行不良を伴ってさまざまな健康障害が出てくる事になるのでこれも利用方法を改める他ありません。

 

そうなれば効果以前の問題という事になるでしょう。

 

そのため、適度な加圧でなければならないという事になるわけですが、これが実に難しいという事が言えます。

 

加圧ブラトップはある意味では姿勢矯正の効果もあり、姿勢が正しくなることで血行も良くなり体にとっても良いという事も期待出来ないわけではありませんが、あくまでもそれは適度な加圧の状態という事が前提という事になります。

 

ですから、全く効果が期待出来ないというわけではなく、適度な加圧であればその効果は期待できるものの、やりすぎも駄目ですし、ゆるくなって加圧されないような状態になれば、それも意味を持たないという事になると考えて良いはずです。

 

適度な状態が必要だという事になるでしょう。

加圧ブラトップで確実に痩せるには

 

加圧ブラトップ,伸びる

 

加圧ブラトップで確実に痩せたいのであれば、常に加圧の状態をチェックしておく必要があります。

 

ゆるくなってだれた状態では意味がありませんし、逆に加圧され過ぎていて血行不良を起こして体に障害が出来るまでの状態になっても意味はありません。

 

適度な加圧の状態を常にキープする必要があるということです。これには自分の体形も関係してくるので、一か月前なら適度な状態で使用出来ていたものが、今は適度な状態にないという事も考えられます。

 

加圧の状態が適度かどうかは加圧ブラトップの状態だけではなく、使用する本人の状態とも関係してくる相対的なものですから、使用している人が太ったり痩せたりして条件が変わってくると、とうぜん加圧の状態も変わってくるという事を理解する必要があります。

 

ですから、常にチェックをする必要があるというわけです。

 

そして、一度塑性変形をしてしまった加圧ブラトップは二度と元には戻りませんから、そのような状態で使っていても意味はありません。

 

加圧ブラトップはそういう意味ではメンテナンスが必要というように考えると良いのかもしれません。

 

効果が無くなるような塑性変形をしてしまった場合には新しいモノにする必要がある事も考えておく必要があります。

エクスレンダー加圧ブラトップのご購入はこちら!トップページへぽっこりなメタボ腹がコンプレックスの方、食事制限や筋トレが苦手な方は、トップページでエクスレンダー加圧ブラトップの詳細もチェックしてみてください。